中の島ビーチ(下地島)シュノーケル【宮古島】

中の島ビーチは、宮古島・平良市街から伊良部大橋を渡り20分程度で行くことができます。

中の島ビーチは、吉野海岸と並び宮古島有数のシュノーケリングができるビーチです。場所は、渡口の浜から約3kmのところ・下地島の西側にあります。中の島ビーチはサンゴ礁が、海岸のすぐ近くまで迫り、様々なサンゴや魚を見ることができます。

この写真の左側が中の島ビーチです。

 

駐車場は、ビーチを少し通り過ぎた道路の右側(10台程度)にあります。道路の海側は駐車禁止です。

 

中の島ビーチは、入り江になっているので波は穏やかです。入り江の内側は岩礁が多く、シュノーケリングをしていると地形が変わるので楽しいです。

 

透明度抜群のビーチです。ビーチには、小石や岩が多数あります。小さなお子様と同伴の方は十分注意してください。

 

中の島ビーチでシュノーケリング

中の島ビーチは、シュノーケルポイントとして人気があり、一部のツアーにも組み込まれています。売店・シャワー・レンタルショップなどの施設は何もありません。私はシュノーケルの3点セットを渡口の浜の伊島観光サービスでレンタルしました(2000円/1日でした)。

(2016年訪れた時には、移動車によるマリングッズのレンタルがありました)

私が11時頃、中の島ビーチを訪れた時には、まだ2組程度しかいなかったので、中の島ビーチ入り口の側道に車を止めることができました。黄色い車の方は、ダイビングの準備をされていました(ビーチエントリーのダイビングもできます)。

さっそく、シュノーケルの準備をして海へ入ると、大きなサンゴ焦がいきなりお出迎え。私は餌付けは嫌いなので魚が集まってくることはありませんが、魚は結構たくさんいます。

 

 

 

 

水深は3~5m程度。シュノーケラーに大人気のクマノミマンションも何箇所かありました(水深の浅いところ)。

 

入り江中央の島の辺りまで行くと水深が3m~7m程度になります。 ここまで来ると、透明度もあがります。大きい魚や浅瀬では見ることのできない変魚も見ることができます。かなり水深があるので、少し恐い感じもしますが、ライフジャケットを着用していれば大丈夫でしょう。

 

この島から20~30m程度沖合いにはボートが停泊しており、ダイビングをしていました。伊良部島はダイビングのメッカです。中の島ビーチ沖にも多数ダイビングポイントがあります。

 

中の島ビーチ(下地島)
所:沖縄県宮古島市伊良部
アクセス: 伊良部大橋を渡って伊良部島に入ると外周道路を時計周りに進みます。渡口の浜、過ぎ下地島へ向かい通り池に行く途中にあります。
海水浴:岩場なので海水浴は不向き。渡口の浜へ行きましょう。
シュノーケリング :◎宮古島有数のシュノーケルポイント!
日陰 :入り江の端の岩場は日陰になります
駐車場 :ビーチを少し通り過ぎた道路の右側(10台程度)
シャワー・トイレ :なし
売店 :なし
問合せ:宮古島市伊良部支所地域づくり課 0980-78-6250

 

スポンサーリンク

 

  • はてなブックマークに追加
2017年02月08日