吉野海岸シュノーケリング【宮古島】

宮古島でシュノーケリングに一番オススメのビーチ「吉野海岸」を紹介します。

吉野海岸は、平良市街から車まで30~40分ぐらい。近くには、同じくシュノーケリングにおすすめの新城海岸があります。ここから南へ車で10分くらい走ると、宮古島の観光スポットとして人気の東平安名崎へ行くことができます。

吉野海岸の特徴

1)波打ち際まで珊瑚礁が接近

ビーチの幅は、約500メートルと広く、珊瑚が海岸線のビーチ近くまで接近しています。沖縄や宮古島で数多くシュノーケリングをしていますが、吉野海岸のように波打ち際まで珊瑚礁が接近しているビーチはそれ程多くはありません。

写真を見れば色の違いでわかると思いますが、ほんの5mぐらい沖へ泳げば珊瑚礁を見ることができるのです。

2)比較的穏やかなビーチ

この珊瑚礁は、海の荒波を和らげる役目をしており、波の高い時でも吉野海岸は、比較的穏やかなことが多く、シュノーケリングを楽しむことができます。

3)水の透明度が高い

水の透明度も高く魚も豊富です。もちろん、人気のクマノミも見ることができます。

吉野海岸のビーチの景観

吉野海岸のビーチは、パラソルで埋め尽くされていました。昔は、業者も少なく自然に溢れていたと聞くと、自然美が損なわれれていくような感じがして少し寂しいですね。

でも、観光地の宿命というべきか、このようになっていくのは仕方のないことかもしれません。

 

吉野海岸の2009年当時の写真です

 

吉野海岸の詳細情報

海水浴:海岸のすぐ近くまで珊瑚礁があるので怪我には注意しましょう
シュノーケリング :宮古島本島で一番オススメのビーチ。レンタルショップも充実
日陰 :浜辺には、ほとんど日陰はありません
駐車場:約50台(500円)ビーチまではシャトルバスの送迎あり
シャワー・トイレ :有り
売店、レンタルショップ:有り
場所: 沖縄県宮古島市城辺吉野
アクセス:宮古島の東海岸線83号線を東平安名崎方面へ南下し、ゴルフ場辺りに吉野海岸の案内が出てきます。平良市街、宮古空港から車で35分、東平安名崎から車で5分。
問合せ:宮古島市経済部観光商工課 0980-76-3184

 

シュノーケリングの注意点

1)干潮時は、珊瑚礁に注意しましょう

吉野海岸では、干潮時、珊瑚礁が干上がってしまします。珊瑚礁の上に立ったり蹴ったりして傷つけないようにしましょう。珊瑚礁の上に立ったり、フィンで蹴ったりすると珊瑚礁は死んでしまいますので注意しましょう。

サンゴ礁とサンゴ礁の間を泳ぐ時も足やフィンでサンゴを蹴ったり、手でサンゴを掴んだりしないように注意しましょう。

水深が浅くなることで、満潮時には見られなかった魚を発見することができるかもしれませんのでゆっくりと泳ぐことをオススメします。

2)サンゴで怪我をしないように

珊瑚礁は、固くて尖っているので身体が接触すると怪我の心配があります。ウエットスーツやラッシュガード、マリンシューズを身に着けましょう。特に、子供は、ラッシュガードとライフジャケットは必須です。

3)貝や海藻類はとってはいけません

 

3)吉野海岸サンゴ礁生態系保全マナー

・餌付けの禁止
・接触禁止
・保全ゾーン厳守

 

 

吉野海岸 シュノーケリング体験レポート(2007年夏)

宮古島の東海岸線83号線を東平安名崎方面へ南下し、ゴルフ場辺りに、吉野海岸の案内が出てきます。駐車場の係りの人が出てくるのでそれで気づくかもしれません。

吉野海岸の駐車場は、道路の左右(海側。陸側)にあります。私は海側に駐車しましたが、ここで、吉野海岸公的施設利用料として500円徴収されました。

駐車場からさらに海側へ少し歩くと、海のショップが3~4軒あります。
私は偶然、BIG WAVEというショップを利用したのですが、とっても感じの良いスタッフばかりでお勧めできます。

ショップのスタッフから吉野海岸でのシュノーケルのポインントを聞いてフィンとライフジャケットをレンタルすることにしました(2000円)。

ふくらはぎ~足首の裏側の辺りの日焼けが強烈なので、たっぷり日焼け止めを塗らなくてはいけないとのこと。私はあいにく日焼け用のサンオイルしか持っていませんでしたが、ショップのおねえさんが日焼け止めをくれたので助かりました。

さらに、長袖のシャツまで貸して頂いて、ショップのおねえさん、たいへんありがとうございました!

BIG WAVEのレンタルを利用すると利用料金から公的施設利用料500円を返金してくれます。ぜひ利用しましょう!(BIG WAVEのHPを印刷して持っていく必要があります)

私は予定があったので、1時間程度しかシュノーケルをしなかったけど、吉野海岸は半日ぐらい遊ばないともったいないです。シュノケルツアー(3500円)などに参加するのもいいかもしれません。海を知り尽くした人に案内してもらった方がいいポイントに行けそうですね。

さて、いよいよシュノーケルです!

ショップで着替えを済ませると海岸まで車で送迎してくれます。車を降りると海と空の青さ(宮古ブルー)に感激!海岸線近くまで珊瑚礁がいっぱいです。はやる気持ちを抑えつつ海岸の方へ歩いて行きます。海岸の入り口には売店もでています。

 

荷物を草陰に置いて、いざ、海中へ!!

フィンを海辺の砂浜で履いて後ろ向きで海の中へ入ります。ライフジャケットを付けているので、浮力がありとても楽です。ショップの方に教わったラッコのようにグルッと上向けになて休憩する方法を試して見ます。これは意外と簡単!これなら沖の方まで行っても安心。

5mも沖へ泳ぐとそこには、赤・青・黄色・緑・・・いろんな形や色をしている珊瑚たち。以前、沖縄本島でシュノーケルをした時より断然綺麗でした。

少し泳いでいるとクマノミを発見!他にもスズメダイ、チョウチョウウオ、ツノダシ・・・などいろんな魚がいました。

 

偶然、海中で手の指を擦ると魚が寄ってくることがわかりました。たぶん魚肉ソーセージで餌付けされているからでしょう。

海に入った時は中潮の満潮から2時間程度過ぎた時だったので潮位もそれなりにあり、ほんとうに楽しいシュノーケルとなりました。

しかし、干潮時には潮位が低く、珊瑚礁があるため思うようにシュノーケルできないそうなので干満の時間は事前に調べておきましょう(逆に干潮時は、幼稚園~小学生低学年でも楽しめます)。

吉野海岸は、宮古島に来たら一度は行ってみてください。子供から大人まで、ファミリーからカップル、ひとり旅までどのような方も楽しめること間違いなしです!

海中の写真は市販の水中用カメラで撮影しました。あまり綺麗に撮れていません。実際に見た海中は、この写真の何倍も綺麗だったことを付け加えておきます。来年はデジカメのマリンケースを買って行きますよ~。

吉野海岸で遊んだ後は、東平安名崎へドライブです!

スポンサーリンク

 

  • はてなブックマークに追加
2017年02月08日