池間大橋から見る海は、まさに一生に一度は見たい絶景スポット

池間島(いけまじま)は、宮古島の北に浮かぶ離島。平良市街地からは、国道230号線で北側へ走り20~30分ぐらいです。

池間大橋を渡って池間島へ渡りますが、宮古島側の橋のたもとには展望所、また、池間島側には売店と展望所があります。どちらの展望所からも宮古島随一の絶景の海が見られます。

池間島は美しいビーチがあり、シュノーケリングや海水浴を楽しむことができます。 天気の良い日は、池間島の絶景ドライブ絶対オススメです!!

スポンサーリンク

 

池間島は、珊瑚礁が美しい八重干潮(やびじ)の玄関口

池間島は八重干潮への玄関口となっています。

多くの八重干瀬ツアーがこの池間島の池間港から出航しています。本格的なダイビングだけでなく、体験ダイビングやシュノーケルツアーも人気があります。

池間大橋で海を眺めているとダイビングのボートが結構往来していました。池間島の北約5~22kmには八重干瀬(やびじ)があるので、その方面へ行っているのでしょう。

八重干瀬(ヤビジ)へ向かうツアーボート

 

池間大橋(いけまおおはし)は宮古島随一の絶景スポット

池間大橋は、宮古島と池間島とを結ぶ全長1,425mの橋(1992年2月に開通)です。

 

池間大橋の絶景ポイント(1)宮古島側の展望所

宮古島側の橋のたもとにある展望所は、下地島空港17ENDと並ぶくらいの絶景スポット(インスタ映えスポット)です。

この周辺の海は、潮が大きく引く大潮の干潮時には砂浜が出現することもあります。

展望所から海を眺めると、手前の浅瀬の海は白く、沖に行くに連れて淡い水色、エメラルドブルー、そして水平線の彼方は濃いブルーと、そのグラデーションは息をのむ程美しいです!

 池間島の展望所から大神島と美しい海を望む

 

 いつまでも眺めていたくなる美し過ぎる池間大橋の海

いつまでも眺めていたくなる美し過ぎる池間大橋の海

 

 展望所から池間大橋を望む

 

 海鳥も多い池間大橋

 

池間大橋の絶景ポイント(2)池間島側の展望所

 

池間島の絶景ポイント(3)ビーチ

売店『海美来(かいみーる』横からビーチに降りて行くことができます。このビーチから大神島と池間大橋を眺める景観も素晴らしいです。

 

池間島の食事・グルメ

海美来(かいみーる) サザエのつぼ焼

池間島大橋を渡ってすぐ右側のパーキングにお土産物、食堂、ガラスボートの受付などのお店が立ち並んでいます。お店の一番南側には 『海美来(かいみーる』のサザエのつぼ焼きは美味しかったです。

 

池間島のフナクスビーチでシュノーケリング

池間島には、何ヶ所か穴場のシュノーケルポイントがあります。ネットや雑誌にもあまり紹介されていないのでなかなか知る人は少ないようです。

その中でフナクスビーチは、いつの間にか駐車場が整備整備され、フナクスキャンプ場と書かれた案内板までありました。

トイレ、シャワーなども整備されています。キャンプ場について調べてみましたが、どのように運営されているか結局わかりませんでした。

 

フナクスビーチは、人も少なくのんびりできるので、宮古島の自然をゆったりと満喫したい方には最高のビーチです。

但し、売店などはありませんので飲食物は持参していきましょう。海の上からでも珊瑚礁が多いことがはっきりとわかります。

 

フナクスビーチはシュノーケリングにオススメのビーチです。海の中ではたくさんの美しいサンゴ礁と魚を見ることができます。

2016年、フナクスビーチでシュノーケリングをした時はサンゴ礁の白化現象が多く見られました。数十年後には、沖縄からサンゴが無くなるなんて残酷な推測もでているのが心配ですね。

 

池間湿原(いけましつげん)

池間湿原は、池間島のまん中にある沖縄県で最大の湿原。

もともと海とつながっていましたが、昭和初期に漁港整備のために入口が埋め立てられ、現在は淡水の湿原となっています。

1年を通じて多くの野鳥が飛来するのでバードウオッチングが楽しめる場所になっています。 フナクスビーチ(フナクスキャンプ場)近くに案内板がでています。未舗装で凸凹の細い道を車で行くことができます。

但し、運転に自信のない方は、すれ違うのが困難なぐらい細い道なので注意が必要です。フナクスビーチからは、歩いても15分ぐらいの距離です。

展望台があり湿地を見渡すことができます。私が訪れた時は、サギ、カモは見られましたが、他の野鳥は見つけることはできませんでした。野鳥、湿原が好きな方のみオススできる場所ですね♪

 

蝶がたくさん飛んでいて綺麗でした。

 

  • はてなブックマークに追加
2017年02月07日