伊良部島の三角点はインスタ映えの絶景スポット

三角点(伊良部島)

 

宮古島の伊良部島にある三角点(さんかくてん)は、宮古島の絶景スポットとして最近人気があります。

でも、高所が苦手な方にはオススメできない程、断崖絶壁の高台は怖いので注意してくださいね♪海側の崖になっている所には柵など一切ありません。

スポンサーリンク

 

三角点からの眺めは、ほんとうに絶景です!断崖絶壁の北側には「ふなうさぎバナタ」、南側には、宮古島の本島を一望することができます。

 

以前は、宮古島の観光ガイドブックなどにも掲載されていなかった為、あまり訪れる人はいなかったようですが、最近、ツイッターやインスタグラムなどのSNSを中心に「宮古島の素晴らしい絶景スポット」との情報が伝わり、多くの観光客が訪れるようになっています。

三角点の海抜は約72メートルもあり、20階建ての高層ビルの高さです。私が訪れた時は、少し風が強かったので断崖絶壁に立つのはめちゃくちゃ怖かったです。

高所恐怖症の人は、崖の近くへ行くことはできないかもしれませんが、少し手前からでも絶景は眺めることはできますよ。

伊良部島 三角点の場所と目印

宮古島中心部の平良タウンからなら、伊良部大橋を渡って約15km、20分程度で行くことができます。

Google Mapsで「三角点(伊良部島)」検索すれば、三角点の場所が表示されます。伊良部島の外周道路を「ふなうさぎバナタ」方面へ進み、「ふなうさぎバナタ」の1.5キロメートル手前ぐらいです。

 

三角点は、観光スポットとしては整備されておらず駐車場はありません。観光客の皆さんは路肩に駐車しています。

シーズン中は車が道路脇に何台も停車しているので、それが目印になります。

もし、車が1台も駐車していない場合は、道路中央に書かれた『BIKE』という青色の文字を見つけてくださいね。その近くに三角点に通じる小路の入口があります。

 

伊良部島 三角点の場所、目印

伊良部島 三角点のおすすめポイント

三角点は宮古島随一の絶景スポットと言っても過言ではありません。ここで見られる景観のポイントについて説明しましょう。

運が良ければウミガメの泳ぐ姿が見られる

宮古島の海・ビーチでウミガメに遭遇することがあります。

ここ、三角点の高台(海抜72メートル)からウミガメの姿が見られることがあります。私は過去に三角点を4~5回訪れていますが、2回ウミガメを見ています。2回とも断崖絶壁の真下から20~30m沖合の所でした。

視力の良い方なら、ハッキリとウミガメとわかります。視力の悪い方は、双眼鏡や望遠レンズ付きのカメラがあれば確実に見えると思います。

伊良部島の雄大なコバルトブルーの海はインスタ映えの写真が撮れる

宮古島随一の絶景写真を撮影できます。

断崖絶壁にある海が見渡せる場所は、非常に狭く足元が悪いので大人数で立ち入ることはできません。多くても3~4人ぐらいで一杯です。

撮影できるスペースが限られているので、混雑時は譲り合って撮影するようにしたいですね。

海外の絶景スポットなどで、自撮り中に思わぬ事故に会うこともあるようです。

崖の近くには立って近づくと危険なので注意しましょう。

断崖絶壁の北側には「ふなうさぎバナタ」が見える

三角点の断崖絶壁の北側には「ふなうさぎバナタ」が見える

三角点(宮古島・伊良部島)の動画

三角点で2016年に撮影した動画です。断崖絶壁から見渡す伊良部島のコバルトブルーの海をご覧ください。

 

  • はてなブックマークに追加
2017年02月07日